Their song changes Me

彼らの歌は私を変える。

レッドアイズ3話の感想と考察。

いやー!!!

レッドアイズ!!!!

しんどッッッッッッ!!!!!!!

 

3話さっき終わりましたね、、、

とりあえず旦那さん疑ってごめん、、、!!!

それと、生き返ってくれ!!!!!!

そして、蠣崎!!!!

笑うな!!!!!!!(酷い)

 

とにかく第3話は急展開過ぎて、色々とやるせない気持ちになった回でした。。

 

気分を変えて(ムリ)

今回で色々分かったこと、気になったことを書きたいと思います。

 

まず

愛する人を失った悲しみと恨みがテーマ?

 

ただ人を殺めることを楽しんでいたと思われていた蠣崎

しかし、過去に蠣崎の婚約者は島原さんが花倉逮捕時にたまたま巻き込まれたせいで命を落としていた

それを目の前で見ていた蠣崎は、島原さんに対して強い恨みを持ち今回犯行を行った。

 

伏見も3年前事件で婚約者を亡くしていて、

それを目の前で見ていた

そして、犯人に強い恨みを持った

うん……似てますね。。

 

そして、3話では今回の犯行の目的となった島原さんの旦那さんが殺されてしまいました。

その一部始終を目の前で見た島原さんの目にご注目ください

 

レッドアイズになっています。

 

このレッドアイズ。

最初は伏見響介の目と、監視の目を表していると考えていましたが(今もだけど)3話を観ると

レッドアイズは、愛する人を失った悲しみと恨みの目を表している

と感じました。

なので、私的な考えですが主なテーマはそうなんじゃないかと。

 

でも、まだまだ一章。

しかも3話ですから!

これからどんな話の展開になるのか気になりますね。

 

次に

②謎の猿のおもちゃ

 

これはあんまりわからないのですが、

個人的に気になった点を……。

 

まず、猿の黒ネイル

黒ネイルわざわざ塗ったのか、?と思いましたがそこは置いといて。

黒ネイルの意味です。

探してみました。(便利だね、ネット)

 

  • 相手に圧力をかけたい
  • 自己主張したい、意思を通したい
  • 黒色は嫉妬深さの象徴

 

……。

いや、わからんッッッッッッ!!!!!!(CV.ノブ)

黒ネイル、これは意味あんまりなさそうですね、、残念、、。

 

③犯人は小柄で女性っぽい…?

 

これは、最後ら辺でしたかね。

犯人の歩いてる後ろ姿が少しだけ流れました。

……あれ、意外と小柄じゃん???

想像していたのはもっとがっちりした体系の男性だったのですが、それとは真逆の小柄で華奢な女性らしい体系

でも、不思議なことにすぐ後に出てきた犯人の腕。

 

めちゃくちゃがっちりしてる。

 

ん?????

モウワカラナイ!!!!!!!

 

多分ですけど、腕ががっちりしている系の女性

小柄で華奢な体つきをしている男性かのどっちかです(幅広いな)

椅子に座っている映像が出た時に

湊川さんの髪っぽいまる子ちゃんヘアーだったので

女性じゃないかな~…なんて言っておきます。

まだまだあるのでね、ゆっくり考えましょ!!( )

 

④なんで蠣崎は内部情報を知っている?

 

これ謎ですよね。こわい。

伏見の婚約者が妊娠していたことは、島原さんしか知らないはずじゃ?

KSBC関係者でも知らない情報を、なんで外部の人間である蠣崎が知っているのか?

つまり、内部に内通者がいるのでは…?やばいね?!鳥肌立ったわ、、

私的には湊川さんと小牧くんが怪しいなと。

あと、姉川さんも。

蠣崎の共犯者がいることを前提に考えると、絶対内部の人間なのではと私は思ってます。

うわっこわいな!!!!?

今後もっとわかってくると思うのでその度に考えてみます。

 

以上が、私が気になった点と分かった点です。

もし間違った内容を書いていたら、ご指摘お願い致しますm(_ _)m

 

レッドアイズ迫力が凄いから観てる側も体力吸収されますね、、

これを機に体力つけたいと思います!

皆さんもレッドアイズ最後まで楽しみましょうね~!!!(ムリ)

日記。#1

こんばんは、ねごと。です。

 

日記なのでね、

今日あった出来事について書こうかな。

 

えっと

今日は朝1時頃からずっと部屋の掃除をしてました。

部屋が狭いのに、グッズが沢山あるもんだから困りましたね(笑)

いつかグッズだけの部屋とか欲しい気持ち。あと、CDも。

 

部屋の掃除が終わった後は、

前から計画していた自作アニメーションのストーリーと、登場人物設定、キャラデザ、全体の流れと絵コンテを書いてました。

久しぶりに絵を描いたんですけど

やっぱり楽しいね、ニヤニヤしながら描いてました(変態)

 

前から自作のアニメーションをいつか制作したいなと思っていて、

家でただ食って寝ての生活は流石に自分自身でも許せないので…。

この機会に作ってやろう!と思いましてね。

 

基本内容は、私が今思っていることを中心に作ろうかなと

今の時点では考えてます。

完成したら色んな方に見てもらいたいなぁ~…。

 

あ、そうそう急に話題は変わりますが…

 

私、学校に最近ずっと行けてないんですけど

とうとう通信制にする?と学校側から言われちゃいまして…。

 

なんか、複雑な気持ち。。。

私自身、学校に行かなきゃいけないのはわかってるのに、

体が拒否してそれが体調に影響するっていう…。

最近学校に通う自分が想像出来ないんですよね。(想像する時点でもうダメなんですけど)

 

電車に乗って学校に向かう自分、教室で勉強している自分、友達と会話してる自分、部活動している自分…

想像するだけで気持ち悪くなってきました…。

以前まで出来ていたことが出来なくなる恐怖感と絶望感と焦り。

最悪ですよ。。

最近は特に焦りを強く感じてますね。。

こういう話をお互いに出来る友達が欲しいなと

つくづく思います(ボッチ)

 

学校に行けないよりかは、家で通信制で勉強した方がやっぱりいいのかな。

うーん、悩みどころです。

親にも迷惑かけないようにしなきゃな。

早く体調を治してまた復帰出来るようにしなきゃな。

そんなことを日々考えています。

 

皆さんも無理するのと溜め込みは絶対だめですよ!

私みたいにネガティブ人間になっちゃいますからね~! 

 

今日も色々ありましたけど

ちゃんと生きてる自分、えらい。えらいぞ!

こんなことを考えなきゃ毎日やってられないね!

 

こんな感じで今日もネガティブに生きてました。

推しの曲と写真を眺めて

今日も最後まで頑張るぞ~!!!

レッドアイズの感想

こんばんは、ねごと。です。

 

レッドアイズついに始まりましたね!

初回からかなりグロめな内容で少し驚きましたが、

今後の展開が気になるような内容で

考察のし甲斐がある作品だなと感じましたね。

 

亀梨さんの演技がやっぱり素晴らしくって

伏見響介がどんな人物なのかが、一話で分かりやすく描かれていて

ドラマの世界観にすんなり入れて見れました☺

 

そして、何よりも気になっていたのが…

新曲の「Roar」!!!

めちゃくちゃ素敵でしたね、!

FCからお知らせが来てからすぐにポチって良かったなと…(金欠)

 

なんでしょう…

曲が少しテクノ感といいますか…DTM系といいますか…。

でも、声を沢山重ねてる感じもして…。

疾走感もありつつ静寂感もあり…。

言葉にするのは難しいんですが

とりま、めちゃくちゃ素敵でした、、!!!(語彙力)

 

Roarはまたの機会に書くとして…

レッドアイズの話に戻ります。(急)

 

このドラマを見ていて最初に驚いたことは

レッドアイズ=監視の目ではなく、

=伏見響介の復讐心が芽生えた瞬間の目だった事です。

 

監視の目って意味合いもあるんだとは思いますが

最愛の婚約者を殺されてしまい、犯人に恨みと憎しみを持っていて

いつか殺してやるという復讐心まで持っている。

そんな主人公を表すシーンが

伏見響介の充血した目の映像。

説明もいらないぐらいのシーンで

レッドアイズってこのことだったんだ…!

と、自然に感じました。

最後のビデオカメラの赤いライト

あれも、一つの意味だと思っています。

 

監視捜査班は国民の生活を守るために監視をしながら、

犯罪防止をしていて

犯人は監視捜査班の身内や生活をある意味監視しながら、

殺すタイミングを探している。

なんか対比してるみたいで、いいですね。(個人的な考え)

 

レッドアイズ、内容がサクサク進んで

ハラハラドキドキヒヤヒヤするので

今後の展開が楽しみです!(グロいけど)

 

自己紹介

初めまして!

ねごと。と申します。

 

自己紹介ということで

ねごと。について少しだけ書かせていただきます。

 

 

 

 

 

プロフィール 

名前:ねごと。

職業:学生(高校生)

アイドル、ライブ、アニメ、音楽ゲームが大好き。

平成に置いてきぼりにされたオタク。

推しのメンカラが、ピンクか緑になりがち。(ヨクアルヨネ)

普段は絵を描いたり、動画を自己満で作っています。

 

好きなアイドルグループ:ST☆RISHKAT-TUN、King & Prince

好きな作品うたの☆プリンスさまっ♪

応援している声優さん:下野紘梶裕貴、葉山翔太

推し(担当):来栖翔、亀梨和也、髙橋海人

 

―ここのブログでは

  • 自分自身について
  • うたプリ、ジャニーズについて

 主に書きたいと思っています。

 

ねごと。のオタク経歴等々…

幼少期

  • 花男松本潤にハマり、その流れで嵐が好きになった。➡嵐が出ているドラマ、映画は大体見に行った。
  • 車内で流すMDには嵐しか入っておらず、毎日必ずMDを流してた。➡その影響で曲名は覚えてないけど、イントロを聴けば大体わかる状態になる。
  • 嵐好きだったが、当時俗に言うミーハーだった為色んなグループが好きだった。KAT-TUN関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、NYC ...
  • ジャニーズはもはや生活の一部と化していた。

 

小学時代

  • 嵐は変わらず好きでバラエティーやドラマもある程度観た。➡バラエティーVS嵐ひみつの嵐ちゃんら辺しか時間帯的に見れなかった。
  • 同級生でジャニーズが好きな人が居なかった為、ジャニーズの話は学校ではあまりしなかった。
  • 美男ですねの影響で、キスマイを知る。➡学校で誰が好きなのか女子で言い合ってた。ローラースケート実は欲しかった。
  • 小学4年生の時に姉の影響でうたプリを知る。
  • 宮野真守のコントで声優さんを知る。➡コントを観ていく内に下野紘梶裕貴を知る。
  • うたプリ3期を機に本格的に(?)来栖翔を推し始める。➡オタクがバレてクラスで気味悪がられる。
  • うたプリの声真似動画をニコ動で漁りまくった日々。
  • 小学5年の時にそらるさんの歌みたを聴きボカロ、歌い手厨になる。
  • 嵐を追うのを既に辞めているが、カウコンは観ないと年越せないので普通に観ていた。➡2014年だけ年越せない事件発生。
  • 趣味で絵を描き始める。

 

中学時代

  • ニコニコラボでShoutёrを聴き、その流れで浦島坂田船を知る。
  • 歌い手さんを推すようになり、うたプリから離れる。
  • クラスで完全に浮き始め、ついに病み期到来。
  • Twitterを始め、FAを描きまくる。
  • 亀と山P復活でドラマスタート。クラスではどっち派かで話に花を咲かせていた。➡少ししか観なかった。EDのダンス皆踊ってたなぁ…。
  • かつんがカウコンで復帰する。ファンじゃないのに姉と一緒に大歓喜
  • 花晴れが流行り、キンプリが流行る。➡一切ドラマ観ず。
  • Zipでキンプリを毎日観ていると自然に気になりだす。
  • デビューから1年後にキンプリに沼る。➡髙橋海人に落ちる。

 

 高校時代

  • キンプリを追い始める。
  • うたプリを懐古していたらいつの間にか出戻っていた。
  • 映画「マジLOVEキングダム」公開。➡ほぼ毎週入国した。
  • 嵐の活動休止が決定する。➡ショックとびっくりで意味わからんくなった。
  • 嵐を懐古するように曲を聴き始める。➡軽く沼る。
  • 高校2年生で体調不良が酷くなり、学校をよく休み始める。
  • 学校に行こうとすると体が拒否し始め、ついに行けなくなる。➡尚現在も未だに行けておらず、ほぼ不登校に。
  • 年末にごくせん2が再放送するのを番組表で見つけ、懐かしいと思い観る。
  • 爆イケな赤西仁を見て衝撃を受ける。➡ロクーン時代の印象がいつも帽子被っていて全然笑わない人だった為、再放送でほぼ初めて顔と笑顔を見る。
  • 赤西仁に軽く沼る。その流れでyoutubeでロクーン時代の動画を漁りまくる。
  • Jr時代の映像を観てまた衝撃を受ける。
  • 最強シンメ、仁亀に沼る。
  • 年明け後にロクーン時代のライブDVDとリアフェをブックオフで買う。➡最初に見たライブDVDは漫画魂。人生初ジャニーズのDVDとCDを買う。
  • 一周回ってKAT-TUN亀梨和也に沼る。
  • かつんのFCに入会する。←イマココ

 

 

最後に

ねごと。の基本プロフィールと

今までのオタク経歴と自分の身に起こった事(?)を

ごちゃ混ぜにして書き起こしてみました。

 

ねごと。は基本自分に自信がなく、毎日不安と闘っています。

そんな日々の不安を文章として書き起こしたら、

少しでも不安が無くなるのではないかと考え、始めてみました。

 

ここのブログのタイトル「Their song changes Me」

私が物凄く精神的に辛い事があった時は、

必ず推しの曲で救われてきたような気がして。

特に意味はないのですが開設時にふとそんな事を思い、タイトルにしました。

 

文章力皆無で、めちゃくちゃ見づらいかと思いますが、

こんなねごと。のブログを見て

今日もこいつ頑張って生きてるな。程度に思ってくれたら嬉しいです。